悪臭でお悩みの方へ

金属加工現場の悪臭の悩みはお任せください

パパスがご提供しているオイルスキマー 「エコモア」 は、金属加工で使われた切削液にたまる浮上油・浮遊微細スラッジを吸引・分離・回収する装置。こうした不純物を回収することで、金属加工現場に発生する悪臭を抑え、作業の快適性向上に寄与します。

なぜ悪臭が発生するのか

金属加工で使用した切削液は、潤滑油や防錆油、工作機械の油、加工時に出た切粉などの物質が混じり、クーラントタンク内の液面付近に浮上油と浮遊微細スラッジによる膜を形成します。

この膜が外気と液を遮断することで、空気を嫌う 「嫌気性バクテリア」 が大量に増殖。このバクテリアがpHを下げ、切削液の浮上油を腐敗させたり浮遊微細スラッジにサビを発生させたりすることで、独特の悪臭を放ちはじめるのです。

悪臭を改善するには

金属加工現場で発生するこうした悪臭を改善するには、切削液の表面にできた不純物の膜を取り除くことが先決。切削液を空気と触れさせることでバクテリアの増殖を防ぎ、腐敗を防ぐことが重要なのです。

ただし、この作業は定期的に行えばいいというものではなく、日々継続して行うことが大切。切削液を使用する加工時は、循環させながら常に不純物を取り除いていくことでクーラントタンク内を清浄に保つことができ、悪臭の発生を抑えることができるのです。

悪臭改善に 「エコモア」 

当社のオイルスキマー 「エコモア」 は、独自の機構を搭載した高性能な浮上油回収装置。 「W吸引ノズル」 で大量の不純物を効率的に吸い上げ、 「三段分離槽」 で廃棄油と切削液を確実に分離します。金属加工に使用する切削液を常にきれいに保ち、悪臭のない快適な作業環境をサポートいたします。